カンボジア技能実習生について - カンボジア技能実習生について

カンボジア技能実習生について

近年ではア企業も海外のあらゆるところに会社を進出させています。

カンボジアの技能実習生を成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

カンボジアにも進出する企業もあり、進出後は現地従業員を技能実習生としまして、本社に実習させる企業もあります。



実習生として受け入れを行う場合には就労ビザが必要になりますが、これらの申請は非常に複雑の為、多くの企業は弁護士などに依頼をし手続きをします。
ビザを習得すれば技能実習生と’して、就労させるのは可能ですが、ここで注意が必要になってきます。カンボジアにおいて幾ら優秀であった人材でも、他国で犯罪や事件に巻き込まれてしまう可能性も多くあります。



企業としましては、技能実習生の日ごろからの管理や法律についてきちんと教育や監督をしておかなければなりません。しっかり勉強させてカンボジアに帰国させる目的をもって、技能実習生として勤務させる以上きちんとした対応が一番重要になってきます。
中には本社におい学んだ技術をカンボジアに戻って、現状の会社を退職し自分で会社を経営してしまう人も出てきますので注意が必要になってきます。
実習生に本社で実習させる場合におきましては、先ずは本社での実際の現場を、一つ一つ丁寧に教えて時間がたつにつれて徐々に一人作業をさせ、本社従業員と連携させて勉強させるのが一番良いやり方であり、一人ほかってしまいますと技術も身に付かずに1日ただたんに仕事をしているだけとなってしまいますので、会社一眼となって面倒を見ていくのが良いです。