初めてのカンボジア技能実習生の受け入れ方法

この日本では少子高齢化が進み、各企業は若いスタッフを採用する事が年々困難になってきました。

カンボジアの技能実習生のための情報を提供するサイトです。

しかし、海外では少子化とはいまだ無縁の国もあり、若い労働力に溢れている国があります。
そんな国から日本へスタッフを派遣し、日本の技術を学ばせることが出来る方法があります。

日本の高い技術を数年間学び、その後国へ帰る事で日本の技術を活かして働く事ができ、さらに日本の技術を自国で広げる事が可能となります。



そんな若いスタッフが多い国の一つとして、カンボジアが挙げられ、現在も多くのカンボジア人が日本で技能実習生として働いています。しかし、過去にこの様な技能実習生を受け入れた事が無い企業にとっては、採用から雇用に至るまで、そのノウハウがないためなかなか最初の一歩が踏み出しにくいかもしれません。
しかし、カンボジアの技能実習生を日本で雇用するためのサポートをするエージェントがあり、彼等に依頼をする事で、スムーズにカンボジアから技能実習生を受け入れる事が可能となります。

面接から、日本での就業を行うための手続き、そしてカンボジア人の特徴等様々なアドバイスを受ける事が出来るため、全く知識が無い企業でも、初めての受け入れが可能となります。企業の従業員数や企業の業種にもよりますが、最初は数名程度を雇用し、徐々に増やす事も検討すると良いでしょう。

1名だけだと彼らも不安に感じるかもしれませんが、数名いる事でお互い安心して日本で仕事が出来る事でしょう。